non extraction orthodontics歯を抜かない治療

非抜歯矯正とは?

歯を抜かずに歯並びやかみ合わせを改善する治療を非抜歯矯正といいます。当院ではできるだけ歯を抜かない治療をご提案しています。ただし歯を抜かないことによって歯に負担をかけてしまったり、口元が突出して見た目を損なってしまったりするようなことは避けなければなりません。CTで顎骨の幅や大臼歯後方の骨の状態を確認し、またセファロ分析で前歯の傾斜を計測して歯に負担の少ない治療計画を立案します。

method方法

  • method.01

    歯列弓の拡大

    歯が並ぶアーチ幅を前方や側方に広げます。骨の幅や前歯の傾斜角に注意しながら歯茎が下がらないように、また後戻りが起こりにくい範囲で歯を移動します。拡大を行うことで歯を並べる隙間を、また前歯を後方に移動するスペースを作ることができます。

  • method.02

    遠心移動

    臼歯を後方に移動します。大臼歯後方の骨の状態を確認し、顎間ゴムや矯正用のインプラントを併用して奥歯を後方に動かします。奥歯を後方に移動することにより、歯の重なりを改善するため、また前歯を後方に移動するためのスペースを作ります。

  • method.03

    IPR

    歯と歯の間を歯に影響のない範囲で削ります。歯のエナメル質の厚さは約1mmなので、その4分の1(0.25mm)以内となるように専用の器具で過不足なく歯の幅を調整します。IPR を行うことで上下の歯の大きさのバランスを合わせたり、歯を並べるスペースを確保したりすることができます。

Merit & Demerit非抜歯矯正のメリット・デメリット

メリット

  • Merit 01

    歯を抜かない
    健康な歯を抜かずに歯並びやかみ合わせを整えることができます。また歯を抜いた隙間ができないので治療中の見た目も気になりません。
  • Merit 02

    期間が短い
    抜歯したスペースを閉じる歯の移動が不要で、またその副作用である歯の傾斜が起こらないので治療期間が短縮できます。
  • Merit 03

    費用
    歯の移動量が少ないと治療費を抑えることができます。歯を抜いた隙間を閉じる歯の移動に比べ、遠心移動や拡大、IPRでの治療では歯の移動量を少なくすることができます。

デメリット

  • Demerit 01

    口元の変化が少ない
    口元を大きく引っ込めることができません。非抜歯治療では前歯を後方移動できる量が限られており、口元の突出感などを大きく改善することはできません。
  • Demerit 02

    歯を削る
    歯の重なりが大きく、顎骨の幅が限られる場合はIPRの量が大きくなります。歯を削る量が大きくなってしまうことが予測される場合には抜歯治療を検討しなければなりません。
  • Demerit 03

    後戻り
    一般的に犬歯間幅径の拡大量が大きいと後戻りしやすいと言われています。糸切り歯間の幅の拡大量を大きくしないと歯並びを改善できない場合には抜歯治療を検討します。

cases治療例

上顎大臼歯の遠心移動

下顎歯列弓の拡大とIPR

Q & Aよくある質問

  • 追加費用がかかりますか?
    マウスピース単独での部分矯正に比べ、費用が上がることが多いです。ただし、併用する装置の費用は治療前にご請求させていただきますので治療途中に追加で費用がかかることはありません。
  • 治療期間はどのくらい短縮できますか?
    歯並びの状態やご希望によって短縮できる期間に違いがあります。当院ではインビザラインのクリンチェックで計算された治療期間と比べ、他の装置を併用することで平均で約半年間治療期間が短縮できています。
  • どのような歯並びでも治療期間は短縮できますか?
    基本的にどのような歯並びでも治療期間の短縮は可能です。ただし、費用対効果の観点から通常の矯正治療をお勧めする場合もあります。
  • 痛みや違和感はありますか?
    どの種類の矯正装置も多少の痛みや違和感がございます。痛み止めや装置のカバーをご利用いただくことで、装置に慣れるまでの期間はご対処いただいています。
  • 治療期間を短縮することでデメリットはありますか?
    治療期間を短縮すると、治療後に歯が戻りやすいことがデメリットとしてございます。したがって治療後半年間は保定装置(リテーナー)を1日20時間以上ご使用いただきます。