SPEED UPスピード矯正

スピード矯正とは?

多種の装置を併用した治療期間の短縮

治療期間を短縮する方法には様々な手法があります。その中から当院では部分裏側矯正、歯科矯正用アンカースクリュー、オーソパルスを利用してご希望や歯並びの状態に応じて治療期間の短縮を行なっております。

症例【治療期間11ヶ月】

平均短縮期間

  • full mouth全顎矯正の場合

    • インビザラインのみ
      平均30ヶ月

    • 約6ヶ月
      短縮

    • ハイブリッド矯正
      平均24ヶ月

  • partical部分矯正の場合

    • インビザラインのみ
      平均12ヶ月

    • 約3ヶ月
      短縮

    • ハイブリッド矯正
      平均9ヶ月

QUALITY特徴

  • quality.01

    歯の負担を減らすことができます

    装置の種類によって得意不得意があります。種々の装置を併用することで、歯に負担が少ない方法で歯を移動することができます。

  • quality.02

    できるだけ目立たない方法で行います

    せっかくマウスピース矯正選んで頂いたのに、他の装置を併用することで見た目を損なってしまっては本末転倒です。当院ではできるだけ目立たない方法で多種の装置を併用しています。

  • quality.03

    マウスピース矯正の適用範囲を広げます

    これまでマウスピースでは治せなかったケースでも他の装置を組み合わせることで大部分をマウスピースで治療できるようになりました。

Q & Aよくある質問

  • 追加費用がかかりますか?
    マウスピース単独での部分矯正に比べ、費用が上がることが多いです。ただし、併用する装置の費用は治療前にご請求させていただきますので治療途中に追加で費用がかかることはありません。
  • 治療期間はどのくらい短縮できますか?
    歯並びの状態やご希望によって短縮できる期間に違いがあります。当院ではインビザラインのクリンチェックで計算された治療期間と比べ、他の装置を併用することで平均で約半年間治療期間が短縮できています。
  • どのような歯並びでも治療期間は短縮できますか?
    基本的にどのような歯並びでも治療期間の短縮は可能です。ただし、費用対効果の観点から通常の矯正治療をお勧めする場合もあります。
  • 痛みや違和感はありますか?
    どの種類の矯正装置も多少の痛みや違和感がございます。痛み止めや装置のカバーをご利用いただくことで、装置に慣れるまでの期間はご対処いただいています。
  • 治療期間を短縮することでデメリットはありますか?
    治療期間を短縮すると、治療後に歯が戻りやすいことがデメリットとしてございます。したがって治療後半年間は保定装置(リテーナー)を1日20時間以上ご使用いただきます。

messageメッセージ

現在のマウスピースを使ったスピード矯正

治療期間を短縮することで歯の負担が大きくなるのではと思われている方もいらっしゃるかもしれません。当院では歯を無理に早く動かすのではなく、ゴールまで最短経路で動かしたり、代謝を促進したりすることで治療期間の短縮を行なっています。

recommendスピード矯正はこのような方に特におすすめです

結婚式や面接などの大切なイベントまでにできるだけ早く歯並びを整えたい方

歯茎が下がっている箇所がある場合や2回目の矯正治療などの理由でできる限り歯の負担を減らしたい方

次に「初診・検査診断について」を見る

歯並びやご希望によって治療期間がどのくらいかかるか大きな違いがあります。当院では初診コンサルテーションですぐに種ミュレーションをお作りすることができるのである程度治療期間を予測することができます。