Button and Attachmentボタンとアタッチメント

ボタンとアタッチメントとは?

マウスピース矯正ではボタンやアタッチメントを歯に接着する場合があります。ボタンは透明でアタッチメントは一人一人の歯の色に合わせた色調を選択します。これらの補助装置を使用することで、複雑な歯の移動を行なったり、上下の歯をしっかりと噛み合わせたりすることができます。

インビザライン
アソアライナー

PROPERTY特徴

  • PROPERTY.01

    透明か白色なので目立ちません。

    ボタンは透明でアタッチメントは白色なので補助装置が目立ってしまうことはありません。

  • PROPERTY.02

    違和感はほとんどありません。

    ワイヤー矯正装置に比べ薄くて小さいので違和感はほとんどありません。

  • PROPERTY.03

    歯の動きをコントロールします。

    上下の歯をしっかりと噛み合わせたり、より複雑に歯を移動させる際に使用します。

Q & Aよくある質問

  • 付けなくてもいいことはありますか?
    歯の移動量や動かす方向によってはアタッチメントやボタンが必要ないこともあります。
  • 付けたり外したりしますか?
    当院では2枚目のマウスピースを入れる際に付けて、最後のマウスピースで全て除去します。
  • 外れてしまうことはないですか?
    極端に硬いものを噛んだ際などに外れることがあります。外れた場合は簡単に付け直しができます。
  • ゴムをかけると口を開けることができなくなりますか?
    弱い力のゴムですので口の開け閉めにはほとんど影響はありません。
  • なぜアタッチメントの形がそれぞれの部位で異なるのですか?
    歯を動かしたい方向へ効率的に力がかかるような形状となるため、一つ一つ大きさや形が異なります。

messageメッセージ

マウスピース矯正の可能性

以前はマウスピース矯正では治療できなかったようなケースでも治療ができるようになってきました。マウスピースでの治療は難しのではと思われている方も一度ご相談ください。

recommendマウスピース矯正はこのような方に特におすすめです

金属アレルギーがあり、ワイヤーでの治療を受けられない方でもマウスピース矯正であれば金属を使わずに治療することができます。

結婚式などの大切なイベントを控えている方や就職面接中で滑舌が心配という方でも快適に治療を受けていただけます。

次に「オーダーメイド治療」を見る

一人一人歯並びやご希望が異なります。北浜オルソでは初診コンサルテーションで患者様のご希望をしっかりとお聞きし、その上で歯並びの状態に合った治療方針を検討します。当院では患者様の治療目的によって様々なご提案ができるように努めています。