DIRECTOR'S BLOG理事長ブログ

公開日: 最終更新日:

後戻りって治せないの?

後戻りとは

歯列矯正を受けて一旦歯並びが綺麗になっても、歯が治療前の歯並びに戻ってしまうことを後戻りといいます。完全に元の状態に戻ってしまうことは通常ありませんが、歯と歯の間にわずかに隙間ができたり、下の前歯の並びがわずかにずれたりすることがあります。

 

原因

歯は骨や繊維とつながっていて、咬合力や唇・舌の筋力が釣り合う位置に並んでいます。歯並びを治療した直後は歯の周りの組織がまだ完全に組み変わっているわけではなく、また力もバランスが取れる位置にないことがほとんどです。したがって、保定装置(リテーナー)を使って治療後の状態が維持できるように周りの環境を整える必要があり、リテーナーの使用が不十分だと後戻りが起こってしまいます。

 

生理的な歯の動き

歯が動く原因は矯正治療後の後戻りだけではありません。歯には毎日大きな咬合力が加わるので少しずつ磨り減ります。また虫歯の治療や外傷による欠けなどで歯の形が大きく変わることもあり、たとえこのような変化が起こっても歯はうまく適用して噛めないようにはなりません。このような歯の動きを生理的な歯の動きと言います。歯列矯正を受けていいない場合には元々多少歯並びにずれがあるので、生理的な歯の動きに気がつくことはほとんどありません。矯正治療後は歯並びが段差なく綺麗に並んでいるので、少しの段差が出来たときにより目立ってしまうことがあります。

 

治療法

矯正装置を付けて歯並びをもう一度整えます。ずれた部分だけ治療できれば簡単ですが、前歯の並びだけを治すと前歯の当たりが強くなり過ぎて奥歯が噛めなくなるなど見た目以上に治療が難しい場合があります。
再治療ではもう一度装置を歯に付けるのは抵抗があるという方や少しのズレなのでわざわざ装置をつけるまでもないと思われている方が多いのではないでしょうか?費用の面からも一度目の治療でそれ相応の金額がかかっており、また同じ費用がかかるかもしれないといった心配もあるかと思います。これらの問題から後戻りの再治療にはマウスピースでの部分矯正が一つの選択肢となります。

 

マウスピース部分矯正

「インビザライン」や「アソアライナー」は必要とする歯の移動量が少なければ治療期間や費用を大幅に抑えることができます。装置は無色透明で厚さは1mm以下なのでワイヤー矯正に比べると見た目が良く、違和感が少ないというメリットもあります。もし矯正治療後の後戻りが気になられている方がいらっしゃいましたらマウスピースでの部分的な治療を一つの選択肢として考えられるといいのではないでしょうか。

Medical deduction医療費控除シミュレーション

dental loanデンタルローンについて